シミ対策は食べ物で体の内側からもケア

美白医薬品ロスミンローヤルで飲む美白!シミとシワ改善効果

MENU

シミ対策は食べ物で体の内側からもケア

シミ対策は食べ物で体の内側からもケアしたいですね。

シミ対策専用の化粧品がかなり多く市販されるようになってきていますが、シミのケアは体の内側からしていくことも大切です。

これ以上シミを増やさない予防、そしてできてしまったシミの改善に、美白化粧品などと併せて食事からもアプローチしていくことで、より効果があがります。

シミ予防や改善に良い成分とはビタミンCやビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノール、L-システインなどですが、これらの成分がどのような食品に含まれているのかをご紹介します。

まずビタミンCですが、これはキウイ、イチゴ、柑橘類、ブロッコリー、小松菜などに豊富に含まれています。

ビタミンCは美白作用があることで広く知られていますが、メラニン生成の抑制のほか出来たシミを薄くするという効果も期待できます。

ビタミンB群を含む食品は豚肉や納豆などで、肌の新陳代謝を促して肌粘膜を強くしてくれます。
納豆

ビタミンAはニンジン、カボチャ、うなぎ、卵などに含まれ、新陳代謝アップと抗酸化作用があります。

ビタミンEはうなぎ、ゴマ、オリーブオイル、カボチャなどに多く含まれ、抗酸化作用があることでシミやしわの予防につながります。

ポリフェノールは赤ワインやブルーベリー、コーヒー、緑茶などに含まれていて、これも抗酸化作用が高くシミやしわなどのエイジングケアには欠かせません。

そしてL-システインですが、これはシミの予防のほか、できてしまったシミ・そばかすや日焼けにも効果を期待できるのでおすすめです。

大豆、はちみつ、小麦胚芽、魚、鶏肉、ブロッコリー、芽キャベツ、ニンニク、赤唐辛子、栗、柿など含まれていますが、L-システインはビタミンCと共に働くものなので、摂取するときはビタミンC を含む食品と一緒に摂るようにしましょう。ブロッコリー

L-システインはシミ改善のほかにも 皮膚コラーゲンの生成を助けてキメ細かく潤いと弾力のある美肌を保つ効果や髪トラブルの改善も期待できるので、美容のためにも積極的に摂るようにするといいですよ。

ただ、どの成分もそうですが、それだけを食べていればいいというものではありません。

食事のメニューになるべく様々な食材を使うようにして、上記の成分をバランスよく摂っていくことこそ、もっとも効果的なのです。

忙しくて食事にまであまり気を配れないという人は、美白医薬品や美白サプリなどに頼るのもよいでしょう。

シミだけでなく小じわも改善すると人気の美白医薬品のロスミンローヤルなどは、血流改善や新陳代謝正常化、女性ホルモンのバランス調整などの作用があるので、忙しい人のエイジングケアにはおすすめです。

飲む美白!ロスミンローヤルでシミ改善

飲む美白のロスミンローヤルでシミも小じわも改善でアンチエイジング!
妊娠中、授乳中も安心して飲める栄養豊富な美白医薬品です。
更年期障害の軽減や二日酔いにも良いですよ。
10才若い美白肌になりたい方にぴったり!
ロスミンローヤル